水曜日の運動会

小学校の運動会が、今日に延期になり、昼休みに、運動会を見に行ってきました。

お弁当は家族5人で食べることができて、よかったです。

長男が「がんばる!」と言っていたリレーは見そびれて残念でした。。。

来年はお天気に恵まれることを祈ります。

小学校の運動会は雨

今年は長女と1年生になった長男の初運動会なので、見に行くのを楽しみにしていた運動会でしたが・・・

残念なことに雨で延期に。

平日に振り替えになると、昼休みにしか見に行けないので、延期はかなりがっかりでした。

 

さて、気を取りなおし、運動会へ持っていくはずだったお弁当を持って、南郷にある釣堀へ行ってきました。

センターハウスで雨宿りしながらお弁当を広げ、子供たちは金魚釣りをしてきました。

 

002.JPG

ザーザーぶりの雨で、ほぼ貸しきり状態でした。

 

子供の口臭

「うちの子の口臭が気になるんです・・・」とおっしゃる、6才・Tちゃんのお母さん。

「赤ちゃんの頃は、口臭はなかったのに・・・。」と悩むお母さん。

子供の口臭.jpg虫歯や歯周炎があれば、そこでバクテリアが多くなって、口臭が強くなる場合があります。

検査の結果、Tちゃんの口腔内は異常なし。

子供にも口臭があります。これを生理的口臭と言います。

年齢が進むにつれ、生理的口臭は誰にでもあります。

その臭いは、胃の内容物や、唾液の分泌量などで、千差万別です。

自分と違うニオイに、人は敏感ですので、気になるのでしょう。

口臭は、空腹時や、寝起きに強くなります。

口臭のない人はいません!

病気による口臭なら、治療すれば治ります。

生理的口臭は、普通のことなので、お母さんとしては、お子さんを不必要に心配させないように気にしないことですよ。

親子1.jpg

びわこバレイへ

今日は久しぶりに「琵琶湖へ行こう!」と、思い立って、家族でびわこバレイのロープウェイに乗りました。

スキー以外でびわこバレイに来たのは初めてです。

 

びわこバレイでは、夏季は犬も一緒にロープウェイに乗れるんです。

犬用のクレートは小型犬から大型犬まで無料で貸してくれます。

 

愛犬ジェイもいっしょにロープウェイに乗せてもらって、山頂へ。

  びわこバレイは霧の中.jpg

 

山頂は霧が立ち込めていて、緑のスキー場は見渡せませんでしたが、霧の晴れ間に眼下に琵琶湖が見えました。

 

びわこバレイの雲の晴れ間.jpg

歯磨きしているのに虫歯になるのは?

『歯磨きしているのに、虫歯になってしまうんです・・・』と、親子で来院の患者さん。

よくよく話を聞くと、

『食べたらすぐに歯を磨いているから、虫歯予防はばっちり。なのに親子共々虫歯になるのはなぜなのか??』 

歯磨きシュッシュ.jpgまた、『おやつも、ちょくちょく食べるたびに歯を磨いている』とのこと。

実は、ここが落とし穴!

虫歯予防には、歯磨きだけでは、足りないのです。

問: 歯磨きより手間いらずで、歯磨き以上に肝心な虫歯予防方とは、さて、何でしょう?

答え: ちょこちょこ食べずに、飲食と飲食の時間をあける

食事をしたり、糖分のある飲み物(牛乳や砂糖入りのコーヒーも含みますよ)を摂ると、口腔内は酸性になります。

(水や糖分のないお茶なら大丈夫!)

歯ブラシで汚れは取れますが、口腔内の酸性度は変わりません。

口腔内が酸性の間、歯の表面が少しずつ溶けています。これが進むと虫歯になります。

逆に、飲食後およそ2時間で酸性は収まり、唾液中の成分によって、溶けた部分が再石灰化(修復)されます。この意味で、唾液の量が多い子供は、本来虫歯にはなりにくいのかもしれません。

歯磨きしているのに、虫歯になりやすいその主な原因は食生活習慣といわれています。

ちょこちょこ食べ物をつまんだり、ちょくちょく糖分のある飲み物を口にしていると、なかなか再石灰化されず、虫歯になっていくのです。

ご自分の子供に虫歯になってもらいたくないと思っていて、

子供の寝かせ磨きの時間が"恐怖の時間"になっているお母さん、お父さん!

歯磨きを苦労する以上に、もう一度食生活習慣を見直されてはいかがでしょうか。

CA0P6JOH.jpg

ページのトップへ